そろばん塾ピコ

2/23ページ

そろばん塾ピコのお稽古 2月28日

週に1回のお稽古の小1の子ですが、今日は先週まですらすらとできていた問題がまったくできなくなってしまっていました。 かんたんなプリントにもどして復習をさせたら思い出してきたようで、少しずつできていきました。 何度も繰り返していけば、定着していくはずです。

そろばん塾ピコのお稽古 2月25日

8、9級の学習をしている子で、時間内に問題をやりきるという意識を持てずにのんびりとやっている子が何人かいます。 時間内にできるチカラは十分にあるのでとてももったいないです。検定試験は時間内に解かなければいけません。 時間の意識を持てるように指導を続けたいと思います。

そろばん塾ピコのお稽古 2月21日

週に1回のお稽古の小1の子ですが、最初のハードルになる「5と10が混ざった繰り上がり、繰り下がり」もしっかりと理解して頑張っています。 はじめた頃は、教室の雰囲気に慣れるまで時間がかかっていた子でしたが、素直に指導にしたがってくれるようになり、ぐんぐんとチカラを伸ばしています。 この調子でどんどん進んでいきましょう。

そろばん塾ピコのお稽古 2月18日

そろばんで使う鉛筆は、いわゆる「ちびた鉛筆」です。 長いと答えを書くときにじゃまになります。 とはいっても、あまりに短すぎると答えを書く途中で落としてしまいます。 鉛筆は長すぎても短すぎてもダメです。 検定試験で答えが書きやすいように自分にあった鉛筆を探しておきましょう。  

そろばん塾ピコのお稽古 2月7日

7級、6級の練習をしている子で、見取り算の点数が伸びない子がみられます。 よく見てみると、引き算の時に、10の位は引いているのに1の位は足していたり、逆に10の位を足して1の位は引いていたりしてしました。 すぐに修正するように指導しました。このあとも気をつけて指導していきます。 問題と珠をしっかりと見て入れること。それができないとこうしたことが起こりがちです。

そろばん塾ピコのお稽古 2月4日

6級の練習をしている子で、かけ算の球の入れ方を間違っている子がいました。 82(実)×702(法)の場合、ソロバンの中心に82(実)をおき、左に702(法)を置かねばなりません。 その子は、それを逆においていたのです。正しく置くことができるよう、ゆっくりと、丁寧に珠を置かせて練習をさせました。

そろばん塾ピコのお稽古 1月31日

5級の練習をしている子ですが、時間をはかって練習すると、何度注意しても数字の書き方が雑になって、解答欄から字がはみ出したり、コンマと数字がくっついてしまったりします。 時間内にやらなければ、とあせる気持ちはわかります。でも、数字が読めないようでは、検定では×になってしまいます。今日は、時間をはからずに練習し、数字をていねいに、しっかりと書くようにさせてみました。 ソロバンにかぎらず、ひとつのことが […]

そろばん塾ピコのお稽古 1月28日

6級の練習をしている子で、見取り算の間違いが多くて得点が伸び悩んでいる生徒がいました。 見取り算の練習を重点的にさせたのですが、変なクセがついているのが原因だったことがわかりました。 まずはその点をしっかりと修正していけば次回の検定では合格点がとれるはずです。 今日も年長さんの体験がありました。しっかりとお稽古ができていました。いっしょにソロバンを楽しく学べるといいですね(^^)

そろばん塾ピコのお稽古 1月21日

ほとんどの子が、問題集に取り組むときには時間を計って練習しています。 そんな中、時計が進んでいるのに、それを意識できずに指がとまってしまい、時間内に問題を解き終えることができない子がいます。できなかった問題にこだわってしまっているのです。 とりあえず他の問題を進めていって、終わったあとに質問すれば良いことなのですが、そうした機転が利かないのも今の子どもたちです。 そろばんのお稽古の中でしっかりとそ […]

そろばん塾ピコのお稽古 1月10日

冬休み明けの最初のお稽古でした。 ほとんどの子が、やり方を忘れることなく集中して「そろばん」に向かってくれました。 ひと安心です。 12月の検定試験の結果がもどってきました。残念なことに「全員合格」というわけにはいきませんでしたが、不合格だった子も「あと一歩」でした。 次回の検定試験は2月の最終週の予定です。そこを目指してがんばっていきましょう! 今年も「そろばん塾 ピコ」で、楽しく、厳しくソロバ […]

1 2 23